スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)

 「自分にとって環境保護が最も重要だ」と考えている日本の子どもは2%で、調査対象の10カ国中最も少なかったことが、欧州の航空機メーカー、エアバス社の意識調査で分かった。世界全体でも「コンピューターで遊ぶこと」「テレビを見ること」が最重要とする回答が「環境保護」の10倍に上り、生物多様性条約事務局(カナダ・モントリオール)は「子どもたちと自然とのつながりが驚くほど希薄になっている」と指摘している。

 今年が「国際生物多様性年」であることから同社が初めて実施。フランス、米国、中国、日本など10カ国で5~18歳の計1万人を対象に今月、インターネットで調査した。

 自分にとって最も重要なものをたずねたところ、世界全体では「コンピューターで遊ぶこと」が最多で26%、「テレビを見ること」は14%、「動物の世話をすること」は9%で、「環境保護」は4%だった。日本の場合は、コンピューター23%、テレビ22%、動物の世話3%だった。

 「絶滅危惧(きぐ)種」という言葉の意味を知っている割合は、世界全体では86%。

黄砂対策、年内にも会議…日中韓環境相会合(読売新聞)
会話優しく中身は厳しい…船橋市債権回収チーム(読売新聞)
卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
<裁判員裁判>求刑上回る判決 さいたま地裁(毎日新聞)
新入社員に聞く、将来どんな地位に就きたいですか?(Business Media 誠)
スポンサーサイト

浜教組、教科書不使用指示 なお「思想闘争」 ゆがむ歴史教育(産経新聞)

 ■「影ばかり強調…相変わらず」

 教育委員会が決めた自由社の教科書を使わない「授業マニュアル」を作成していた横浜市教職員組合(浜教組)。歴史への愛着などを教えようとした自由社発行の「新編 新しい歴史教科書」を“排除”する代わりに、日本をことさらにおとしめる旧態依然とした歴史を教えようとしていた。現場や教育専門家からは「教育の場を組合の“思想闘争”の場と勘違いしたやり方だ」と怒りの声が上がっている。

 「アジア諸国から『人権を軽視し、日本が行った侵略・植民地政策を肯定し、戦争責任を否定した記述がある』と批判される教科書」

 マニュアル冊子の冒頭部分で、浜教組は自由社の「新編 新しい歴史教科書」を厳しく非難している。「中学校歴史資料集」と銘打っているが、全42ページ6項目で全面的に自由社の教科書を批判。その一方で、巧みに自分たちの歴史観に子供たちを導こうとする姿勢がうかがえる。

 「江戸時代の身分制度」の項目では、江戸時代を「異なる身分が依存しあった」「身分は必ずしも厳格で固定されていなかった」とする自由社の教科書の認識を「誤っている」と否定。「支配階級である武士」「民衆を細かく分断する身分制」「年貢収奪」といった言葉で、武士の階級支配を強調した。

 この指摘からは、階級社会が進歩して平等社会に変わっていくというマルクス主義的な史観がうかがえ、歴史教育の専門家は「数十年前に全盛を極めた見方。今や学説的にも完全に時代遅れとなっている階級闘争史観と貧農史観に基づいている」と指摘する。

 大日本帝国憲法を制定し、アジアで初めて議会を開いた明治時代の成果を強調する自由社教科書の記述を「憲法の問題点を学ぶことができない」などと批判。太平洋戦争については14ページを割いて、「圧政と収奪、皇民化政策の侵略と植民地支配」「戦争が日本とアジアの人々にもたらしたのがどのようなものであったか」と強調した。

 明星大学の高橋史朗教授は「歴史の光と影のうち影ばかりをことさらに強調している。明治以来の日本の歩みを侵略の歴史と決めつけ、慰安婦や南京、強制連行といった真偽の定かでないテーマで断罪する、相変わらずの歴史教育だ」と断じる。

 冊子で取り上げたテーマは6項目だけだったが、「時間的な制約があり…」とも記述しており、今後さらに多くのテーマを取り上げることも予想される。

 教科書使用義務を明記した学校教育法に抵触する可能性がある行為に、教育関係者からは「法を否定してでも自由社の教科書を使わせない執念で貫かれている。実態を放置すれば、学校は教組の思いのままに運営される無法地帯になる」との声も聞かれる。

【関連記事】
横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史 
「韓国側論文は低水準」 藤岡会長「新しい歴史教科書」批判に反論
「日本書籍」が撤退 歴史教科書、自虐史観批判を受け
日韓歴史研究 認識の共有はやはり幻想
「つくる会」を執拗に批判 自虐史観を評価  日韓歴史研究
少子化を止めろ!

通り魔、女が8歳女児刺す=殺人未遂で逮捕―大阪府警(時事通信)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
公務員採用削減再び見送り 官房長官は21日の閣議決定目指す(産経新聞)
「参院選、楽観できぬ」=民主選対委長が首相に報告(時事通信)

「全米さくらの女王」が大統領の親書とともに鳩山首相を表敬(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日、官邸で「全米さくらの女王」のマーゴ・フェフェリーさん(24)と「日本さくらの女王」の大野可那子さん(24)の表敬を受けた。

 フェフェリーさんが「米国で、日本の桜は喜ばれている」とのオバマ大統領の親書を渡すと、首相は照れ笑いを浮かべながら「日本にはどれぐらい滞在するのか」などと英語で尋ねていた。

【関連記事】
鳩山首相、塗料かけられた祖父の墓にお参り 現場を確認
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」
重い代償 遅きに失した「現実」直視 鳩山首相「普天間移転先は県内」
前原氏を「盟友」と呼んだ日 仙谷氏、「ポスト鳩山」のロードマップとは

「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
<布川事件>ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察(毎日新聞)
東京23区などで震度3(読売新聞)
ジェイテクト、井川副社長が順当に社長昇格(レスポンス)
酒気帯び運転で車に衝突、炎上 女性は全身打撲 君津(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。